羅漢果 ラカンカ

中国の桂林地方のみで栽培されているという、長寿の『神果』ともいわれる羅漢果。

画像の茶色の実は、元々は生の緑色の羅漢果を乾燥、焙煎したものです。

この実を顆粒状に加工すると、黒砂糖をすっきり上品にした様な甘みの甘味料が出来上がります。

今、欧米諸国でもシュガーフリーへの注目から羅漢果は「モンクフルーツ」という名称で親しまれています。

※モンク=僧侶  果実がお坊さんの頭を連想させるため、という由来のようです。

とても甘いのにほとんど体には吸収されず、食後の血糖値を上がりにくくする、血液をさらさらにする、動脈硬化を防いでさまざまな病気の原因となる活性酵素の作用を抑える力があることなどが、アメリカでは科学的にも証明されているということです。

お菓子やパン、料理に砂糖の代わりに使うと大変美味しく、かつ健康的にも安心してお召し上がりいただけるという、夢のような天然甘味料ですね。

ココレクトでご好評頂いている「あんバターぱん」のあんこも、顆粒のラカンカを使ってグツグツと炊いております。

1つ難点は全くのお砂糖不使用の為、保湿成分が足りず小豆が滑らかさに欠けてしまうところですが

バターの塩味と合わさって羅漢果のあんこの甘さがよく引き立っております。

そして何と言っても、糖質は普通のあんぱんに比べてかなり控えめとなっていますので

どうぞ安心してお召し上がり下さいませ^ – ^